『趣味は模型製作』 設計部機装設計課 福田秀樹

こんにちは。設計部機装設計課の福田です。
前回2010年11月の実父と義父の精霊船のお話に引き続き二度目となります。
義父の精霊船作りの時に妻のお腹の中に居た長男は今では中三
(先日嬉しいことに身長を抜かれました)、
また実父の時に、生後七ヶ月だった次男も今では小五。
子供達が小さい間は、子供達の怪我防止の為、寝静まった夜中に行っていた模型製作ですが、
今では子供達も大きくなり、妻の理解もあり、堂々と出来る様になりました。
次男も興味を持ち始め、一緒に作ったりアドバイスをしたりと、楽しく過ごしています。
私の未作成品のストックが狙われているのが気になりますが...

模型歴およそ40年、この間、100個近く作ったと思います。今回は最新作を披露します。
先ずは先代Supra。20年程前に作った物を、ここ数年で磨いた塗装技術を駆使してリペイント。
顔が写る程の輝きは実車に負けないと自負。

次は映画「Star Wars」からStar Destroyer。
雑誌の作例に倣い、ごま粒大のLEDを30個程仕込みました。
LEDへのエナメル線ハンダ付けはさすがに一苦労でした。

そしてちび丸艦隊から金剛。おふざけの筈がつい本気に?

老眼も始まり、石坂浩二の「ろうがんず」が頭をよぎりますが、
これからも仕事と家族サービスの合間を縫って、楽しんでいきます。